AGA情報マトメ
AGAの原因は一つではありません、色々みてゆきましょう。
Show MenuHide Menu

AGAの進行が怖いのでドライヤーを使っていません。

AGAが気になりだすと、髪に刺激を与えるものはできるだけシャットアウトしたいと思うものでしょう。

中でも、意外に多いのが、「AGAの進行が怖いからドライヤーを使わない」という人。

皆さんはいかがでしょうか?

確かにドライヤーって、温風を直接髪や頭皮に吹き付けるからダメージを与えそうだし、

無理やり髪や頭皮から水分を奪うと乾燥がすすんでしまいそうで怖いですよね。

乾燥もAGAの原因と言われているからなおさらです。

でも、実はドライヤーを使わない方が髪や頭皮には良くないのです。

まず、髪や頭皮を濡れたまま放置しておくと、雑菌が溜まってしまう原因となり、

炎症や臭いの元となります。

頭皮の炎症はAGAにとっては大敵。

より一層髪を抜けやすくしてしまいます。

また、濡れたままの髪はキューティクルが開いている状態。

キューティクルが開いた髪はとってもデリケートなんです。

だから、髪と髪が触れ合うだけでも切れ毛や枝毛の原因となってしまい、

健康な髪を維持することができなくなってしまいます。

タオルでガシガシ拭くなんてのは、もってのほか!

ドライヤーは決して髪や頭皮に良いものではありませんが、

濡れたまま放置するよりかは断然マシなのです。

髪と頭皮を大切にするためにも、ドライヤーは必ず髪から20cm以上離して使い、

できるだけ優しく乾かすようにしましょう。

また、そもそもシャンプーの仕方に問題のある人もいます。

メンズヘルスクリニック東京(旧城西クリニック)に正しいシャンプーの仕方が紹介されていますので、洗い方を一度見直してみましょう。

AGAを進行させたくないなら、日常の習慣から見直す事が大事ですよ。